「異端のススメ」 林修 小池百合子  内容 感想

7D26D9FD-7986-4D81-B385-A0C06568B513.jpeg

林修 

東京大学法学部へ現役合格

卒業後、日本長期信用銀行入社しわずか5か月で退社。

ギャンブル、株取引等で、後に本人曰く空白の3年間を過ごし、東進ハイスクールへ。

CM「今でしょ!」をきっかけにメディアで活躍。

小池百合子

関西学院大学社会学部を中退し、エジプトへ留学。

カイロ大学文学部を卒業。

日本に戻り、アラビア語の通訳・講師となる。

テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」の初代メインキャスターに抜擢される。

キャスターを辞め、結成間もない「日本新党」から出馬し、見事当選。 参議院議員となる。

翌年、参議院議員を辞職して衆院選に出馬。 当選し、衆議院議員となる。

細川政権で総務政務次官に就任。

日本新党解党により、新進党に参加。 新進党解党後は、自由党を経て保守党へ参加。

保守党を離党。 自由民主党に入党。

小泉首相のもと、環境大臣に任命され、初入閣。

女性初の防衛大臣に就任。

女性初の自由民主党総務会長に就任。

レッドオーシャンではなく、ブルーオーシャンを求める。

常に俯瞰していること。

もっと女性の活躍できる社会へ。

女生徒の方が優秀だと感じることが多い。

残業なし。

二人っ子政策。

縦割りの行政は無駄が多い

等、対談形式で綴られている。

やはり、育った環境は大きい。

酒と、ギャンブルだけの父よりも、書斎があって経済経営、世界事情等の本があって、それをたまたま読んでいたり、物事への解釈・推論・考え方を学んでいたら後者の方が優秀率は高いだろう。

しかし、それが全てでもない。

視野を広く持ち、常に先を見、知識情報を得ること要。

※2013.12 発行

#林修

#小池百合子

hiropiro
  • hiropiro
  • アラフォーデブエッターです。  太る努力、
    資格のことや、旅先のことなど色々書いていこうと思います。

    47都道府県周りました。海外は16か国ほど。 
    格闘技、マラソン、水泳、カート等色々やったりしてました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です