貨幣博物館

〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町1-3-1(日本銀行分館内)

アクセス 

半蔵門線 三越前駅(B1出口)から徒歩1分、 銀座線 三越前駅(A5出口)から徒歩2分、 東西線 日本橋駅(A1出口)から徒歩6分、  東京駅日本橋口から徒歩8分

入館は無料

貨幣博物館 https://www.imes.boj.or.jp/cm/

通貨の歴史を見れる。

一億円札束の重量を感じれる体験コーナーもあり。

札に光を当てると一部が発光したりと、本物であることの印が色々と隠されていたりを体験できて面白い。

慶長金貨や板銀はイビツな形状が温もり感があり魅力を感じた。

昔はATMもないから、銭で大金持ち歩くとなるとかなりの労力が必要で、その機動力が落ちた状態で襲われたら逃げるのも困難だったでしょう。(襲う側としたら容易である)

石 → 銭 → 札 → カード → スマホ 

現在では、カード or  スマホでも決済出来てしまうのでお金を持ち歩かなくても支払いができてしまう。 

しかし、電池切れ、停電が起きたとき困るでしょう。 

確かに、軽量・便利にはなったがインフラがきちんと整った状態なら。

100年後、お金はどのような形になっているのだろう。

#貨幣博物館

hiropiro
  • hiropiro
  • アラフォーデブエッターです。  太る努力、
    資格のことや、旅先のことなど色々書いていこうと思います。

    47都道府県周りました。海外は16か国ほど。 
    格闘技、マラソン、水泳、カート等色々やったりしてました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です