那須川天心 VS 武尊  朝倉未来 VS メイウェザー

いよいよ明日、那須川天心 VS 武尊の試合が行われる。

非常に楽しみだ。 しかしながらTV放送はない模様。 PV放送でも世界中で見てもらえ、時代はネットなので賛否はあるがそれでも良いのではないだろうか。

恐らく、事後にTVで特集等が組まれたり、それに関する番組がありそうだが。

試合予想 那須川天心 VS 武尊

武尊としては、プレッシャーをかけて距離を詰めてパンチで仕留めたいところだろう。しかし、天心はうまく距離を取りながらカウンターを当てていきたい。 

序盤、武尊ローキック、ジャブで反応や出方を伺いたい。 天心も序盤は出方を見ながら合わせていくだろう、しかしトリッキーな動きを見せ警戒させる動き有。

中盤から、武尊プレスをかけたい、天心うまく距離をとりながらカウンターを合わせる、時折思い切った踏み込みでヒット得る。

終盤、武尊プレスかける、距離取る天心少し疲れる、しかし、打ち合いにも少し付き合う。 

ポイント逃げ切りで天心 勝利と予測する。  

しかし、この予測は間違う可能性も紙一重。  さぁ、どうなる!

朝倉未来 VS メイウェザー

先日このカード、エキジビジョンとして決まったようだが、当然ガチになるでしょう。

コナーマクレガー戦では、エンターテイナーとして序盤防戦にまわっていたが、所々で余裕を見せつつヒットさせポイントを取っていき会場を何度も沸かせる。 

観客を楽しませる一流のプロだと思った。  ファイターとしては、心理的に序盤余裕を見せていても途中で火が入り本気モードになり即KOなんて終わり方になることもある。 が、きちんと尺を取り魅了し沸かせて実力差もみせつつ終わらせる。

朝倉未来としては、世界に注目される大きなチャンス。 本人曰く「倒しに行く」とあるが、玄人目線ではそれが容易でないことは明白。 

しかしながら、朝倉未来と言えばカウンターのうまいストライカーだ。 いつ何時、メイウェザーの顔面を捉えるかもわからない。  ここでの懸念は、普段MMAでのオープンフィンガーグローブであればグラつくこともあるかもしれないが、ボクシンググローブだとグローブが大きくなるためパンチは打ちづらくなるし簡単には倒れにくい。そして、ディフェンス時の視界も悪くなる。

そんな中で、MMA時よりも適格に顎に当てることも難しくなることが予測される。 だが、朝倉未来というのは天性の才能なのか独特のセンスをみせ予想を裏切るようなシーンを何度も見てきた。 ボクシングの型にはまってしまうと、手も足も出ないかもしれないが彼独特の相手が読めない動きをしていけばおのずとチャンスはきそうだ。

そして、その試合後だ問題は。 ここでいい勝負をみせれば、その先コナーマクレガー戦への近道になるかもしれない。  MMA試合だけで、マクレガー戦にもっていくのは短期的には難しそうだが、この一戦でUFC関係者及び本人が注目し期待を寄せれば、飛び級で実現に近づけるのではないだろうか。

そんな意味でも、非常に楽しみな一戦である。 

hiropiro
  • hiropiro
  • 理想体型に近づけたいアラフォーです。  太る努力、
    資格のこと、旅先のこと、日常生活のことを書いていこうと思います。

    47都道府県周りました。海外は16か国ほど。 
    格闘技、マラソン、水泳、カート等色々やったりしてました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です