ヒクソン・グレイシー自伝  感想

ヒクソン・グレイシー自伝  感想

400戦無敗といわれた男の自伝である。 10代の時、麻薬の売人をしたこと、若いころは柔術の練習、サーフィン、異性と遊びで主に過ごす。 1993年、アメリカでのUFC大会には、もしものために温存され、ホイスが出場し2大会連続で優勝。 そのホイスが「兄ヒクソンは私の十倍強い」と発言した事で注目が集まる。…
おすすめ漫画 2つ 

おすすめ漫画 2つ 

まず一つ目は『JIN 仁』である。 昔、ドラマでは綾瀬はるかさん等出演しており何となく見ていた。 あれから時は経ち、今現在自身が医療関係で働いていることからも非常に興味深く知的好奇心を駆り立てながら読みふけることができた。 医療、幕末、タイムスリップの融合がリアルにうまく描かれている。 作者の積み重…
「我が闘争」 堀江貴文 成田悠輔 ビジネス

「我が闘争」 堀江貴文 成田悠輔

福岡県八女市で育ち、小学生当時から同世代とはレベルが違い中々共感することもできない。 進学校に入り、東大受験も半年あれば大丈夫と逆算し見事 受験勉強半年のみで東大合格。 今思い返しても、当時は話が合う人がほとんどいなかったようだ。 それは、根本頭脳が違うからであって、大学ではそのあたりは楽になったよ…
プラットフォーム革命 ビジネス

プラットフォーム革命

ツイッター、FACEBOOK、e-bay、アリババ、ドットコム、エアビーアンドビー等世界中でシェアされているプラットフォームがある。 手間をなくし、人と人をつなぐ。 すなわち、サプライヤーと消費者、様々なコミュニケーション。 単に作ればそこに人が集まるわけではなく、魅力的人物の参加や魅力的なサービス…
2022年 読んだ本

2022年 読んだ本

随時更新 ・不夜城 馳星周 …眠らない新宿が舞台 ・3年目の3.11 加藤秀視 ・「私は甘えているのでしょうか?」(27歳・OL)村上龍  …様々な質問悩みに、村上さんが答える。 ・自分を愛する技術 加藤秀視     「自分や他人を責めてしまう」「すぐに悩んでしまう」「やりたいことが見つからない」「…
2021年 読んだ本

2021年 読んだ本

・東電OL殺人事件 佐野 眞一  …実際にあった事件、エリート社員の売春、殺害、誤認逮捕、未だ未解決事件。           ★★★★★  ・旅の賢人たちがつくったアジア旅行最強ナビ 丸山ゴンザレス ・旅の賢人たちがつくった海外旅行最強ナビ 丸山ゴンザレス ・In his times 中…
2020年 読んだ本

2020年 読んだ本

10月分以前の記録なし ・これからを稼ごう  堀江貴文  …仮想通貨と未来のお金の話。 ★★★★ ・バブル獄中記  長田庄一  …戦争を経験し、一代で銀行を築く。しかし、疑惑の逮捕で拘留される。★★★★ ・バカとつき合うな 堀江貴文 西野亮廣  …言っていることもわかるが…。 ・情報だけ武器にしろ …
新しい本の作り方  ビジネス

新しい本の作り方 

お金とは何か? 学校では教えてくれない。  なぜ作家は一人で作業しなければならないのか。 自身の疑問から、何故こうしないのか、と独自のやり方を実践していく。 それも、資本の有無が障壁となる部分もあるが今では出資者を募れるクラウドファンディング、事前予約をして貰うことであらかじめ初版部数を確約するなど…
アフガニスタン どんなところ

アフガニスタン どんなところ

最近話題のアフガニスタン。 アメリカ軍の撤退により、わずか数日でタリバンによる制圧。 今後どうなるのか、女性の学校や仕事への禁止、国際関係やテロ、気になるところだ。 こちらの本は、2002年に発行されたものであり現在とは異なる部分も多数あるかもしれない。 が、旅することの楽しさ、緊張感、体調管理等自…
受験は必要? 

受験は必要? 

まず、受験は必要か? 勉強は押し付けるものではない。 教師が、自分の経験からの方法論の押しつけはよろしくない。 その生徒に合った勉強法は、個人個人で異なる。 飛び級の必要性。 とびぬけた能力があるなら、飛び級して早い段階でもっと学力を伸ばさないのは時間の無駄であり大げさに言えば国家にとっても損失。 …